ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。

県西支部の活動

司法書士会と懇談会(意見交換会)を行いました

 平成29年1月27日,ひらつか市民活動センターにおいて,神奈川県司法書士会小田原支部と神奈川県弁護士会県西支部との間で,両支部から20数名ずつ,約50名が出席して,懇談会(意見交換会)を行いました。

例えば相続では,法律,登記,税務は密接に関連しているので,弁護士,司法書士,税理士間で連携を図ることができれば,市民の皆様に一層充実したサービスを提供することが可能となります。そこで,そのための第一歩として,士業間の垣根を越えて相互理解を深めるために,今回,両支部間でこうした催しが初めて行われました。

 懇談会では,「司法書士と弁護士との業務連携について」,「行政,裁判所等との連携とその取り組みについて」といったいくつかのテーマで,過去に実際に連携した事例が報告され,連携を円滑に進めるにはどのような取り組みをするのが効果的かといったことについて,闊達な議論がなされました。

 若手の弁護士や司法書士の中には,気軽に相談し合える司法書士・弁護士がいないという者も少なからずいます。そうした若手の弁護士・司法書士にとっては,今回の懇談会は,お互いに知り合うきっかけにもなったのではないかと思います。
 弁護士会県西支部では,市民の皆様に一層充実した法的サービスを提供するために,今後も他士業との連携を積極的に図っていく所存です。

TOPに戻る